1. 「constantly」と「consistently」の意味の違い
  2. 「No」だけじゃない、様々な断り方
  3. 「annoy」 と 「bother」の違いと使い方
  4. 「wear」と「put on」の違いと使い方
  5. 「most」と「most of」の意味と使い方
  6. 「on time」と「in time」の意味と使い方
  7. 外国人に道を聞かれた時に役立つフレーズ
  8. 「おもしろい!」って英語でなんて言う?
  9. 「Yes」と「no」以外に使えるあいづち
  10. 「日付」の正しい読み方、書き方、使い方
  11. 今がチャンス!海外旅行に役立つ英語を覚えよう
  12. 「Meet」と「See」の意味と使い分けとは?
  13. 「聞く」は英語で 「hear」 それとも「 listen」?
  14. 英語で自己紹介をしてみよう!
  15. 英語で「恥ずかしい」と伝えるには?
  16. 【トレーナー紹介】Cass( キャス)
  17. 【トレーナー紹介】Ed(エド)
  18. 【トレーナー紹介】Cecil Folly( セシル・フォリー)
  19. 【トレーナー紹介】Jen(ジェン)
  20. 知らないと損?「Bye」に添える、気の利いた一言とは
  21. 「ありがとう」を伝える様々なフレーズ
  22. 「えっと•••」は禁止!「Filler」で乗り切る言葉に詰まったときの表現
  23. 度合いで使い分ける「嫌い」の表現
  24. 良いだけじゃない Good を使った表現
  25. another と other の違いと使い分け
  26. 場所を表す時の前置詞 in / on / at の使い分け
  27. very以外にもたくさんある?強調表現
  28. 【トレーナー紹介】Mel(メル)
  29. 【トレーナー紹介】Dara(ダラ)
  30. 【トレーナー紹介】Arjay Ming(アージェイ)
  31. 【トレーナー紹介】Zen(ゼン)
  32. 【トレーナー紹介】Fely(フェリー)
  33. 【トレーナー紹介】Gel(ゲル)
  34. 【トレーナー紹介】Annie(アニー)
  35. 【トレーナー紹介】Allora(アローラ)
  36. 「Pardon?」以外にもある、聞き返す時のフレーズ
  37. Wait は失礼?ネイティブが使う「お待ちください」の表現
  38. 【トレーナー紹介】Jacob(ジェイコブ)
  39. 【トレーナー紹介】Dorothy(ドロシー)
  40. 【トレーナー紹介】Marian(マリアン)
  41. 【トレーナー紹介】Dianna(ダイアナ)
  42. 英語で算数?あなたはできますか?
  43. 英語の結び言葉の意味と使い方
  44. must とは違う?must have の意味と使い方
  45. 「everyone」と「everybody」の違いとは?
  46. 中級者がスピーキングスキルを向上させるための3つのポイント
  47. 毎日使える!Yes,no 以外に使える便利なあいづちやフレーズ
  48. リーディングが苦手な方必見!適切な教材を選んで、読む力を身につけよう!
  49. 教材選びに大切な3つのポイント!適切な教材であなたの英語学習の効果を最大化!
  50. もう迷わない、「a」と「the」の違いと正しい使い分け方!
  51. 英語学習がうまくいく人の特徴を徹底解析!あなたもこれで英語マスターに!
  52. 単語テストで学習効果が3倍以上になる?
  53. テスト効果とは?これだけで効果が抜群に上がる学習法
  54. 「How are you」だけじゃない?「How」を使った定番表現
  55. コミュニカティブアプローチからみる効果的な学習方法
  56. 実はとっても簡単?「Many」「Much」「A lot of」の使い分け
  57. イマージョン教育とは?第二言語を使って教科教育を行う指導方法
  58. インプット理解を高めるインターアクションモデルとは?
  59. 英語学習者は必見!効果的なアウトプットの割合とは?
  60. 【トレーナー紹介】Yannilyn(ヤニリン)
  61. 【トレーナー紹介】Margie(マーギー)
  62. 【トレーナー紹介】Coney(コニー)
  63. 【トレーナー紹介】Jean(ジーン)
  64. 【トレーナー紹介】Rose(ローズ)
  65. 【トレーナー紹介】Nessy(ネシー)
  66. 【トレーナー紹介】Jerson(ジャーソン)
  67. 【トレーナー紹介】Hedz(ヘッズ)
  68. 「by」と「until」の正しい使い方
  69. 子供のうちから英語学習するほうが良いのか?子どものうちから英語を学習する必要性
  70. 全身を使って英語を身につける、Total Physical Responseとは?
  71. 今から英語学習を始めるのは遅い?英語学習における年齢の影響
  72. 「Since」と「Because」 は同じ意味?使い方と用法とは
  73. 【英語の暗記方法】短期記憶から長期記憶へと定着させる方法
  74. 英語初心者必見!一体、言語はどのように身につくのか?
  75. 可算名詞と不可算名詞の見分け方
  76. 英語要約のコツとは?絶対に押さえておきたい3つのポイント
  77. 効果的なインプットの方法とは?「インプットの質」を上げる方法
  78. 英語力を効率的にアップさせたい!スピーキング学習における効果的な3つの方法
  79. 【トレーナー紹介】Vinna(ヴィナ)
  80. 【トレーナー紹介】Sharon(シャロン)
  81. 【トレーナー紹介】Reanna(レアナ)
  82. 【トレーナー紹介】Paul Mari(ポーリ・マリ)
  83. 【トレーナー紹介】Louise(ルイーズ)
  84. 【トレーナー紹介】Iny(イニー)
  85. 【トレーナー紹介】Levi(レヴィ)
  86. まだ間に合う!大人のための英語発音トレーニング3つのポイント
  87. 「gonna」と「wanna」と「gotta」の意味と使い方
  88. 海外旅行に行けない今こそ英語学習を!レストランで使える英語表現
  89. 瞬間英作文のスキルを身につけて英会話の上達を目指す効果的な勉強法
  90. 意外と知らない「Yes」と「 No」の正しい使い方
  91. happy や sad だけじゃない!感情を表す英語表現
  92. 英語はリズムが大事!発音強化に効果的なプロソディとは?
  93. 英語学習におけるポートフォリオ学習の活用とは?
  94. 行く?来る?英語のgoとcomeの中心の意味を捉えて表現力アップ!
  95. 「英語を話したいけど、なかなか話せない」時に見直すべき3つのポイント
  96. 【英文法】関係代名詞 「That」と「Which」の使い分け
  97. 【トレーナー紹介】Leila(レイラ)
  98. 【トレーナー紹介】Michelia(ミケリア)
  99. 日本人がよく使う通じない和製英語とカタカナ英語
  100. 語彙習得を効率化するnarrow reading / narrow listeningとは?
  101. 【英文法】「過去形」と「現在完了形」を迷わず使い分ける方法
  102. 意外と簡単!「a」と「the」の使い分け方法
  103. 「自身の学習進捗を気にかけている存在がいること」のもたらす学習効果
  104. 【トレーナー紹介】Anghela(アンヘラ)
  105. 【トレーナー紹介】Lizle(リズル)
  106. 【トレーナー紹介】Shane(シェーン)
  107. 【トレーナー紹介】Anica(アニカ)
  108. 【トレーナー紹介】Rona Marie(ロナ・マリー)
  109. 【トレーナー紹介】Hana(ハナ)
  110. 今からでも間に合う!大人になってからでも英語を習得する方法
  111. もう迷わない!前置詞「to」と「for」の使い分け
  112. 「something」と「anything」の違いと正しい使い方
  113. 英語学習は意味を意識しないと効果がない?効果を最大化するインプット方法!
  114. Will と Be going to  の違いとは?
  115. 長文読解が苦手な人必見!時間がかかってしまう長文読解を克服する方法
  116. 英語が聞き取れない4つの原因とは?!
  117. 今何時?英語の時間の表し方
  118. どちらがより学習に効果的?ネイティブの先生 vs. ノンネイティブの先生
  119. お金をかけずに英語を話せるようになる?!今すぐ取り入れるべき勉強法
  120. 英語の住所の書き方と注意点
  121. ライティングの勉強方法で悩んでいる方必見!ライティングスキルを伸ばす4つのステップ
  122. 暗記学習が苦手な方必見!効果的に英語を暗記する3つのポイント!
  123. 【トレーナー紹介】Dar(ダル)
  124. 【トレーナー紹介】Carla Jane(カーラ・ジェーン)
  125. 【トレーナー紹介】Honey Lyn(ハニー・リン)
  126. 【トレーナー紹介】Sheena Leslie(シーナ・レスリー)
  127. 【トレーナー紹介】Pretzel(プレッツェル)
  128. TBAやTBDの意味と使える英語の略語のご紹介
  129. 英語は英語だけで学習する必要がある…?!
  130. もう迷わない!Look Watch See の正しい使い分け!
  131. リスニングの学習成果がアップする3つのポイント!
  132. 【トレーナー紹介】Crystal(クリスタル)
  133. 【トレーナー紹介】Ceejay(シージェイ)
  134. 【トレーナー紹介】Anne (アン)
  135. 【トレーナー紹介】Jackie(ジャッキー)
  136. 【トレーナー紹介】Vea(ヴェア)
  137. 【トレーナー紹介】Maria Ica(マリア・イカ)
  138. 【トレーナー紹介】Denise(デニス)
  139. 【トレーナー紹介】Charl(チャール)
  140. 【トレーナー紹介】Jojo(ジョジョ)
  141. 【トレーナー紹介】Madel (マデル)
  142. 【トレーナー紹介】Arah(アラ)
  143. 【トレーナー紹介】Abi(アビ)
  144. 【トレーナー紹介】Hisa (ヒサ)
  145. 【トレーナー紹介】Rhoenna (ロエンナ)
  146. 【トレーナー紹介】Jomar(ジョマール)
  147. Can と Be able toの使い分け
  148. 【単語】単語を効率的に学ぶ方法は?単語を覚えやすくする3つのステップ
  149. 英語の学習を習慣化させるコツとは?英語のモチベーションを保つ秘訣を徹底解析!
  150. First nameとLast nameの書き方
  151. How are you? 以外の挨拶フレーズ
  152. 【超初心者向け】スパトレのトレーニングでSkypeの字幕機能を活用しよう!
  153. ネイティブレベルの発音の習得は難しい?発音の学習で意識するべきポイント!
  154. 話す時に思うように言葉が出てこないー会話のために必要な文法トレーニングとは
  155. 海外に行けない今だからこそ、日本で英語スキルを上達させる5つのポイント!
  156. 【単語】全く知らない単語を効率的に覚える方法
  157. 曜日と日付を英語で表現する方法
  158. 想起学習の効果とは?単語学習に”テスト”を取り入れて、定着率UP!
  159. 辞書を使って学習は非効率!?辞書よりもオススメな〇〇とは?
  160. 英語で自分の意見を伝えるために今すぐ身につけるべき、3つのスキル!
  161. 【英語習得方法】英語習得の仕組みを理解して、確実に成果を出す!
  162. 【単語】〇〇回の学習で英単語は習得可能!?
  163. 【単語】単語によって覚える内容は異なる?! 最新研究に基づく効果的な単語学習方法とは
  164. 【単語】約93%のコミュニケーションがたった〇〇語で構成されていた!あなたに必要な単語数は?
  165. 4つのポイントを押さえてリーディング・リスニングの学習成果を最大化!
  166. 【初心者必見】まずはじめに取り組むべき学習とは?
  167. 【単語】単語帳(集)での学習だけでは意味がない?!単語学習の最強の組み合わせとは
Banner Top
  1. 「constantly」と「consistently」の意味の違い
  2. 「No」だけじゃない、様々な断り方
  3. 「annoy」 と 「bother」の違いと使い方
  4. 「wear」と「put on」の違いと使い方
  5. 「most」と「most of」の意味と使い方
  6. 「on time」と「in time」の意味と使い方
  7. 外国人に道を聞かれた時に役立つフレーズ
  8. 「おもしろい!」って英語でなんて言う?
  9. 「Yes」と「no」以外に使えるあいづち
  10. 「日付」の正しい読み方、書き方、使い方
  11. 今がチャンス!海外旅行に役立つ英語を覚えよう
  12. 「Meet」と「See」の意味と使い分けとは?
  13. 「聞く」は英語で 「hear」 それとも「 listen」?
  14. 英語で自己紹介をしてみよう!
  15. 英語で「恥ずかしい」と伝えるには?
  16. 【トレーナー紹介】Cass( キャス)
  17. 【トレーナー紹介】Ed(エド)
  18. 【トレーナー紹介】Cecil Folly( セシル・フォリー)
  19. 【トレーナー紹介】Jen(ジェン)
  20. 知らないと損?「Bye」に添える、気の利いた一言とは
  21. 「ありがとう」を伝える様々なフレーズ
  22. 「えっと•••」は禁止!「Filler」で乗り切る言葉に詰まったときの表現
  23. 度合いで使い分ける「嫌い」の表現
  24. 良いだけじゃない Good を使った表現
  25. another と other の違いと使い分け
  26. 場所を表す時の前置詞 in / on / at の使い分け
  27. very以外にもたくさんある?強調表現
  28. 【トレーナー紹介】Mel(メル)
  29. 【トレーナー紹介】Dara(ダラ)
  30. 【トレーナー紹介】Arjay Ming(アージェイ)
  31. 【トレーナー紹介】Zen(ゼン)
  32. 【トレーナー紹介】Fely(フェリー)
  33. 【トレーナー紹介】Gel(ゲル)
  34. 【トレーナー紹介】Annie(アニー)
  35. 【トレーナー紹介】Allora(アローラ)
  36. 「Pardon?」以外にもある、聞き返す時のフレーズ
  37. Wait は失礼?ネイティブが使う「お待ちください」の表現
  38. 【トレーナー紹介】Jacob(ジェイコブ)
  39. 【トレーナー紹介】Dorothy(ドロシー)
  40. 【トレーナー紹介】Marian(マリアン)
  41. 【トレーナー紹介】Dianna(ダイアナ)
  42. 英語で算数?あなたはできますか?
  43. 英語の結び言葉の意味と使い方
  44. must とは違う?must have の意味と使い方
  45. 「everyone」と「everybody」の違いとは?
  46. 中級者がスピーキングスキルを向上させるための3つのポイント
  47. 毎日使える!Yes,no 以外に使える便利なあいづちやフレーズ
  48. リーディングが苦手な方必見!適切な教材を選んで、読む力を身につけよう!
  49. 教材選びに大切な3つのポイント!適切な教材であなたの英語学習の効果を最大化!
  50. もう迷わない、「a」と「the」の違いと正しい使い分け方!
  51. 英語学習がうまくいく人の特徴を徹底解析!あなたもこれで英語マスターに!
  52. 単語テストで学習効果が3倍以上になる?
  53. テスト効果とは?これだけで効果が抜群に上がる学習法
  54. 「How are you」だけじゃない?「How」を使った定番表現
  55. コミュニカティブアプローチからみる効果的な学習方法
  56. 実はとっても簡単?「Many」「Much」「A lot of」の使い分け
  57. イマージョン教育とは?第二言語を使って教科教育を行う指導方法
  58. インプット理解を高めるインターアクションモデルとは?
  59. 英語学習者は必見!効果的なアウトプットの割合とは?
  60. 【トレーナー紹介】Yannilyn(ヤニリン)
  61. 【トレーナー紹介】Margie(マーギー)
  62. 【トレーナー紹介】Coney(コニー)
  63. 【トレーナー紹介】Jean(ジーン)
  64. 【トレーナー紹介】Rose(ローズ)
  65. 【トレーナー紹介】Nessy(ネシー)
  66. 【トレーナー紹介】Jerson(ジャーソン)
  67. 【トレーナー紹介】Hedz(ヘッズ)
  68. 「by」と「until」の正しい使い方
  69. 子供のうちから英語学習するほうが良いのか?子どものうちから英語を学習する必要性
  70. 全身を使って英語を身につける、Total Physical Responseとは?
  71. 今から英語学習を始めるのは遅い?英語学習における年齢の影響
  72. 「Since」と「Because」 は同じ意味?使い方と用法とは
  73. 【英語の暗記方法】短期記憶から長期記憶へと定着させる方法
  74. 英語初心者必見!一体、言語はどのように身につくのか?
  75. 可算名詞と不可算名詞の見分け方
  76. 英語要約のコツとは?絶対に押さえておきたい3つのポイント
  77. 効果的なインプットの方法とは?「インプットの質」を上げる方法
  78. 英語力を効率的にアップさせたい!スピーキング学習における効果的な3つの方法
  79. 【トレーナー紹介】Vinna(ヴィナ)
  80. 【トレーナー紹介】Sharon(シャロン)
  81. 【トレーナー紹介】Reanna(レアナ)
  82. 【トレーナー紹介】Paul Mari(ポーリ・マリ)
  83. 【トレーナー紹介】Louise(ルイーズ)
  84. 【トレーナー紹介】Iny(イニー)
  85. 【トレーナー紹介】Levi(レヴィ)
  86. まだ間に合う!大人のための英語発音トレーニング3つのポイント
  87. 「gonna」と「wanna」と「gotta」の意味と使い方
  88. 海外旅行に行けない今こそ英語学習を!レストランで使える英語表現
  89. 瞬間英作文のスキルを身につけて英会話の上達を目指す効果的な勉強法
  90. 意外と知らない「Yes」と「 No」の正しい使い方
  91. happy や sad だけじゃない!感情を表す英語表現
  92. 英語はリズムが大事!発音強化に効果的なプロソディとは?
  93. 英語学習におけるポートフォリオ学習の活用とは?
  94. 行く?来る?英語のgoとcomeの中心の意味を捉えて表現力アップ!
  95. 「英語を話したいけど、なかなか話せない」時に見直すべき3つのポイント
  96. 【英文法】関係代名詞 「That」と「Which」の使い分け
  97. 【トレーナー紹介】Leila(レイラ)
  98. 【トレーナー紹介】Michelia(ミケリア)
  99. 日本人がよく使う通じない和製英語とカタカナ英語
  100. 語彙習得を効率化するnarrow reading / narrow listeningとは?
  101. 【英文法】「過去形」と「現在完了形」を迷わず使い分ける方法
  102. 意外と簡単!「a」と「the」の使い分け方法
  103. 「自身の学習進捗を気にかけている存在がいること」のもたらす学習効果
  104. 【トレーナー紹介】Anghela(アンヘラ)
  105. 【トレーナー紹介】Lizle(リズル)
  106. 【トレーナー紹介】Shane(シェーン)
  107. 【トレーナー紹介】Anica(アニカ)
  108. 【トレーナー紹介】Rona Marie(ロナ・マリー)
  109. 【トレーナー紹介】Hana(ハナ)
  110. 今からでも間に合う!大人になってからでも英語を習得する方法
  111. もう迷わない!前置詞「to」と「for」の使い分け
  112. 「something」と「anything」の違いと正しい使い方
  113. 英語学習は意味を意識しないと効果がない?効果を最大化するインプット方法!
  114. Will と Be going to  の違いとは?
  115. 長文読解が苦手な人必見!時間がかかってしまう長文読解を克服する方法
  116. 英語が聞き取れない4つの原因とは?!
  117. 今何時?英語の時間の表し方
  118. どちらがより学習に効果的?ネイティブの先生 vs. ノンネイティブの先生
  119. お金をかけずに英語を話せるようになる?!今すぐ取り入れるべき勉強法
  120. 英語の住所の書き方と注意点
  121. ライティングの勉強方法で悩んでいる方必見!ライティングスキルを伸ばす4つのステップ
  122. 暗記学習が苦手な方必見!効果的に英語を暗記する3つのポイント!
  123. 【トレーナー紹介】Dar(ダル)
  124. 【トレーナー紹介】Carla Jane(カーラ・ジェーン)
  125. 【トレーナー紹介】Honey Lyn(ハニー・リン)
  126. 【トレーナー紹介】Sheena Leslie(シーナ・レスリー)
  127. 【トレーナー紹介】Pretzel(プレッツェル)
  128. TBAやTBDの意味と使える英語の略語のご紹介
  129. 英語は英語だけで学習する必要がある…?!
  130. もう迷わない!Look Watch See の正しい使い分け!
  131. リスニングの学習成果がアップする3つのポイント!
  132. 【トレーナー紹介】Crystal(クリスタル)
  133. 【トレーナー紹介】Ceejay(シージェイ)
  134. 【トレーナー紹介】Anne (アン)
  135. 【トレーナー紹介】Jackie(ジャッキー)
  136. 【トレーナー紹介】Vea(ヴェア)
  137. 【トレーナー紹介】Maria Ica(マリア・イカ)
  138. 【トレーナー紹介】Denise(デニス)
  139. 【トレーナー紹介】Charl(チャール)
  140. 【トレーナー紹介】Jojo(ジョジョ)
  141. 【トレーナー紹介】Madel (マデル)
  142. 【トレーナー紹介】Arah(アラ)
  143. 【トレーナー紹介】Abi(アビ)
  144. 【トレーナー紹介】Hisa (ヒサ)
  145. 【トレーナー紹介】Rhoenna (ロエンナ)
  146. 【トレーナー紹介】Jomar(ジョマール)
  147. Can と Be able toの使い分け
  148. 【単語】単語を効率的に学ぶ方法は?単語を覚えやすくする3つのステップ
  149. 英語の学習を習慣化させるコツとは?英語のモチベーションを保つ秘訣を徹底解析!
  150. First nameとLast nameの書き方
  151. How are you? 以外の挨拶フレーズ
  152. 【超初心者向け】スパトレのトレーニングでSkypeの字幕機能を活用しよう!
  153. ネイティブレベルの発音の習得は難しい?発音の学習で意識するべきポイント!
  154. 話す時に思うように言葉が出てこないー会話のために必要な文法トレーニングとは
  155. 海外に行けない今だからこそ、日本で英語スキルを上達させる5つのポイント!
  156. 【単語】全く知らない単語を効率的に覚える方法
  157. 曜日と日付を英語で表現する方法
  158. 想起学習の効果とは?単語学習に”テスト”を取り入れて、定着率UP!
  159. 辞書を使って学習は非効率!?辞書よりもオススメな〇〇とは?
  160. 英語で自分の意見を伝えるために今すぐ身につけるべき、3つのスキル!
  161. 【英語習得方法】英語習得の仕組みを理解して、確実に成果を出す!
  162. 【単語】〇〇回の学習で英単語は習得可能!?
  163. 【単語】単語によって覚える内容は異なる?! 最新研究に基づく効果的な単語学習方法とは
  164. 【単語】約93%のコミュニケーションがたった〇〇語で構成されていた!あなたに必要な単語数は?
  165. 4つのポイントを押さえてリーディング・リスニングの学習成果を最大化!
  166. 【初心者必見】まずはじめに取り組むべき学習とは?
  167. 【単語】単語帳(集)での学習だけでは意味がない?!単語学習の最強の組み合わせとは

Will と Be going to 同様な意味をもつ未来時制として覚えてませんか?

Will も Be going to も、意味的に大差なく、相互に置き換え可能な場合も多い表現です。しかし、この2つにはニュアンスの違いがあります。正しいニュアンスと意味の違いを理解することでよりネイティブスピーカーに近づくことができます。

そこで、今回は Wii と Be going to の違いを紹介していきたいと思います。

Will の意味とニュアンス

未来への決断

Will の最大の特徴はその場で決めた事柄を示すことです。話している間にとっさに決めた事についてはこの Will が使われます。

Tom : What time will you wake up tomorrow?

明日何時に起きる?

John : I will wake up around 6am.

朝の6時に起きるよ。

この場合、John は Tom に聞かれた時に、明日の起床時間を決めたので Will になります。

未来への強い意志を示す

Will は未来の出来事についての自分の意志を表現するニュアンスがあります。なので、Will には、意思や決意といった意味があるように、絶対にするといった意思を表すことができます。

John : I will get this homework done in a hour.

一時間以内にこの宿題終わらせる。

この場合、絶対1時間以内に宿題を終わらせるぞ!のような表現になります。なのでここでも Will が使われています。

 

Be going to の特徴

Be going to はすでに決まっている未来を示す

be going to も will と同様に、話し手の未来について話す時に使用されます。しかし、Be going to は話し手が話す時点で、すでに決まっている事柄を主に示します。

will が「その場で決めた事柄を示す」を示す表現ならば、Be going to は「会話の時点ですでに決定されていた事柄」を示す表現になります。

Tom : Do you have any plans on this weekend?

今週末、何か予定はある?

John : I’m going to watch the movie with my family. 

家族で映画を見る予定だよ!

この場合、John は Tom が質問をした時、既に家族との予定が決まっていたので Be going to となります。

Be going to は客観的な未来を示す

話し手が話す時点で既にに決まっている事柄も、ある意味では客観的な未来といえるのではないでしょうか。

天気予報などの推測なども、客観的な判断といえます。例文を見てみましょう。

John : I just missed the train, *I’m gonna be late to meet you. 

たった今電車を逃して、待ち合わせに遅刻する。

Tom : No worries, I will find something to *kill the time. 

大丈夫だよ、暇つぶしして待ってるよ。

John は待ち合わせ時間に間に合う電車を逃したので、この場合も be going to となります。

*be gonna – be going to の略(主に話し言葉として使われます)

*kill the time – 暇潰しの意味

 

まとめ

いかかでしたか?今回は Will と Be going to の違いについてご紹介しました。

Will はその場で決めた事柄

Be going to は 話した時点で決まっている事柄

この違いを確実にマスターして実践で活用してみてください!

Banner Content

Related Article