Free photos of Flower

「どうぞ」という言葉は日本語でよく使いますね。
カジュアルな場面でも、フォーマルな場面でも使える表現で、英語でのコミュニケーションでもよく使います。

「Please.」が一般的な表現かと思いますが、実は「Please.」以外にもたくさんの表現方法があることをご存じですか?

「どうぞ」は場面によって使う英語表現が異なるので注意が必要です。
今回は様々なシーンで使える「どうぞ」の表現を、場面別でご紹介します!

 

3種類の「どうぞ」

大きく3つの場面に分けることができます。

1:許可や促す

2:物を渡す、譲る

3:お願いする

それぞれ、例題をみていきましょう!

 

許可や促す場合に使える表現

  • Please.
  • By all means.
  • Go ahead.
  • Please feel free.
  • Sure.
  • After you.
  • Anytime.
  • You can have it.
  • Take your time.

 

物を渡す、譲る場合の表現

  • Here you go.
  • Here you are.
  • Here is your XXX. (XXXには渡す物が入ります。)
  • There you go.
  • This is for you.

 

お願いする場合(何卒)の表現

  • Please.
  • Would you like to ~.
  • If you don’t mind ~.
  • Could you ~

まとめ

いかがでしたか?

複数の意味をもつ「どうぞ」ですが、英語では使い分けをすることで正しく表現できます。
会話で相手の発言を受けて言葉を選ぶ必要がありますね。

さまざまな表現があってややこしく感じるかもしれませんが、「Please」だけに頼らずシーンに応じて表現を使い分けできるよう、まずは自分で使いやすそうなフレーズを場面ごとに見つけて練習してみて下さい。